太陽光発電を導入する時に知っておきたい知識、メリット

導入費用

戸建て

家庭用、産業用のどちらの太陽光発電もここ近年導入数が急速に伸びています。
これは全量買取制度の開始などもあって、安定した売電が可能となった事が大きく影響しています。
売電に関しては今後長期にわたって保証がされているため、安定した資産運用目的としても、導入する人が増えています。
個別に見ていくと、まず家庭用の太陽光発電システムは10Kw未満の発電量で、買取区分としては余剰電力買取になります。
買取期間が10年で産業用に比べると短いですが、それでも電気料金の引き下げ効果が大きく、近年は変換効率の良いモジュールも増え発電効率も上がっています。
このため今後も需要が伸びるとされています。
また産業用に関しても、買取期間が20年あり、税制上の恩恵も大きいため投資目的として企業も含めて導入が相次いでおり、今後の需要に関しては住宅用よりも伸びると見られています。

通常太陽光発電の販売メーカーと取り付け工事業者はそれぞれ別に分かれています。
このため同じ商品で、太陽エネルギーを集めるモジュールや変換するパワコンも同じ型番であっても取り付け工事業者によって導入価格が違ってきます。
このため業者選びの結果でコストも変わるので注意が必要です。
また同様に保証期間に関しても変わることがあります。
メーカー側は保証を製品に設けていますが、正規代理店などの一部のメーカー関連の会社以外では保証に関してはその取り付け工事を行う業者次第となることがあるので注意が必要です。
さらに施工を頼む時に、その業者が施工保険に加入しているかどうかの確認も大事です。
この保険に加入していれば、施工中の事故で保険が降りますが、加入していない場合は工事保証が付かないためです。