太陽光発電を導入する時に知っておきたい知識、メリット

業者に依頼

明るい

地球温暖化や地下資源の高等などで現在、再生可能エネルギーに注目が集まっています。
その中でも太陽光を利用した発電などが、今後コスト低減や市場拡大が見込まれているもののひとつとなっています。
太陽光は、日照時間に発電量が左右されるなどのデメリットもありますが、昼間の電気の需要ビークを緩和することができ、温室効果ガスの排出を削減できるなどのメリットがあります。
また、発電時に廃棄物や騒音や振動などが発生せず、小型の製品も出ているため需要地の近くに設置することで送電コストなどの最小化する、災害時に非常用の電源として活用することができるなどの利点があげられます。
また、太陽光だけではなく、その熱を利用して発電したり暖房にしたりするなどの利用方法があります。

温室効果ガスの削減できるエコなエネルギーとして、太陽光は注目を浴びています。
固定価格買取制度の開始や原子力発電が停止しているため、太陽光を利用した発電は普及するかのように見えましたが、普及する前に大量の電気が作られることによっての発電機の負担、送配電ネットワークの支障などの電力会社の設備の欠陥が、浮き彫りになってしまっています。
しかし、エコでクリーンなエネルギーであり、太陽光パネルの価格も低下しているため、導入しやすくなっています。
そのため、自治体や企業などでメガソーラーの建設なども行われています。
日本国内ではまだ少ない発電方法ですが、水力発電や風力発電など他の再生可能エネルギーと組み合わせることで、普及することができるのではないかとされています。