太陽光発電を導入する時に知っておきたい知識、メリット

メンテナンスは必要か

太陽が昇る

設置する住宅やビルの形状や周辺環境、緯度など多くの要素によって最適な太陽光発電のシステムは変わってきます。
このため多くの販売メーカーでは複数のラインナップを準備して、様々な条件下でも最適な発電が行えるように太陽光発電の商品を準備しています。
これらの商品の中でも特に種類が豊富となるのがモジュール、つまり集光パネルです。
モジュールは商品ごとにモジュール変換効率や公称最大出力、年間推定発電量などが違ってきます。
当然性能が違うため価格も違っており、導入にあたっては必要な商品を厳選する必要があります。
基本的にモジュールの面積が大きいほど、公称最大出力も大きくなりますが、屋根スペースの有効活用のため、ハーフタイプなどの小型のモジュールも各メーカー販売しています。

集光型太陽熱発電は太陽電池にエネルギーを蓄積させる太陽光発電システムとは異なり、太陽の光をレンズもしくは反射鏡を用いて太陽炉に集光させてタービンを回して発電をする方法です。
どちらの発電方法も太陽エネルギーを用いるという点では共通しており、モジュールの代わりにレンズや反射鏡を用いて集光している点も類似しています。
ただし汽力発電で蒸気タービンを回す点は太陽光発電システムよりも、火力発電や水力発電に近いものがあり、その点は違っています。
集光型太陽熱発電は、主に産業用の発電システムとして用いられています。
タワー式太陽熱発電やトラフ式太陽熱発電などがありますが、何れも産業用発電が目的であり、海外では水力や火力に置き換えて運用しているところもあります。